​~交通事故後の治療~

交通事故むち打ち症は、事故直後から痛みが出る方もいれば、数日後に痛みが出る方も多く、むち打ち症に関連した頭痛やめまいなど多岐にわたる様々な症状が現れる場合もあります。後遺症とならない為にも交通事故治療を開始しましょう。院長自身、3度交通事故(すべて被害者)にあっており、治療の重要性を強く感じております。

 

※患者さんのお問い合わせで、保険会社から「接骨院や整骨院の治療は認めないと言われた。」ということがしばしば見受けられます。そういった場合でもお気軽にお電話ください。当院は、可能です。

​●交通事故治療は接骨院でも受けられます
 ​交通事故治療の重要性

交通事故によるケガの中でも、最も多いのはやはりむちうちです。交通事故直後にはほとんど症状が現れず、翌日以降に様々な症状が出てきます。むちうちは、正確にはいくつかのタイプに分けることができますが、いずれの場合も、主に下記の症状が現れてきます。

場合によっては、何年もこれらの症状に苦しんでしまったり、後遺症として症状が残ったままの状態になってしまったりすることもあります。そういったことを防ぐためには、できるだけ早い段階から治療を始め、効果的な治療を継続していくことが重要です。

​■ 治療までの流れ
■ ​治療費について

被害者救済の目的で作られた保険なので、窓口負担は0円で治療が受けられます

また、相手方が任意保険を使わないとおっしゃった場合でも自賠責(強制保険)に直接請求できるので自己負担金がかかることは基本的にありません。

​■ 当院の交通事故治療

​交通事故による損傷は通常の怪我や肩こりとは性質が異なるため、専門の知識が必要です。当院では、治療の内容も交通事故治療に効果的な内容行っています。また、マッサージだけでなく、電気治療なども併せて行っているため、非常に効果が高いです。

お一人お一人の症状に合わせて様々な治療をご提供できることがコラル接骨院の強みです。

​■ 保険について

自賠責保険とは

我が国で自動車、バイクが公道を走るうえで加入が義務付けられている強制保険です。
被害者の方が泣き寝入りすることがないように
被害者救済のために国が最低限の保証を記した制度です。傷害を負った被害者の方に120万円まで保証されますので安心して治療を受けられます。120万円を超えた場合は、加害者側の任意保険会社が超えた額を負担する形になります。

慰謝料について

 

交通事故の治療では被害者の方が受け取れる慰謝料の額が定められています。
算定方法は総治療実日数×2×約4200円 or 総治療期間×約4200円の金額の少ない方で算定されます。

(例)半年間2日に一回治療に通った場合 治療日数90×2×約4200円=約756000円

治療期間は何か月!と決められているものではありません。数か月で症状が改善することも多々ありますが、症状が改善してきたからといって完全治癒とはならないのです。後々後遺症に悩む方が多くいます。特にむちうち症状は後遺症の発生頻度が高いので注意が必要です。

交通事故で注意しなければならないのは、中途半端な状態で治療を終了することです。
そのようにならないためにも、「事故後早期の治療開始」と「各症状すべてが完全に治癒したうえで治療を終了すること」が重要なのです。

被害者請求について

 

過失割合や事故状況などによって相手の任意保険会社が治療費などを払ってくれない場合があります。
そんな時に便利なのが被害者請求です。
相手の任意保険会社を通さず、自賠責保険に直接請求する方法です。自賠責保険では、怪我をした人を被害者とする規定があるので、ご自身の過失割合が相手方より多くても過失割合に関係なく、自賠責保険に被害者請求をすることが可能です。
   

 

自分6:相手4の過失割合までは、満額の120万円まで保証されます。

  
7割の過失がある場合保証金は96万円に減額されます。

保険に関するサポートも行っています

 

当院では、交通事故治療に関する保険のことについてもアドバイスをさせて頂くことが可能です。
交通事故被害者の中には、まだ症状が残っているのにもかかわらず治療を打ち切られたり、慰謝料のことで揉めてしまったりしている方も多いようです。当院では、そういったお悩みをお持ちの患者さんには、弁護士のご紹介もさせて頂いておりますので、
できるだけ保険会社とのやりとりは当院のスタッフや弁護士へお任せ頂き、患者さんは治療に専念して頂ければと思っております。