水分と一緒に摂りたい栄養素(湘南・平塚の接骨院)


ナトリウム


1Lあたり1.2~1.8gの食塩が適正濃度とされています。


人の体液のミネラル濃度は、常に一定に保つ必要があります。ミネラル濃度が変化すると、神経や筋肉の働きが制御できなくなり、最終的には心停止してしまいます。


汗には塩分(ナトリウム)などのミネラルが含まれため、発汗に伴いミネラルも喪失。ここで水だけを飲むと体液が薄まるため、自動的に尿量を増加させて体液濃度を元に戻します。これが「自発的脱水」です。


自発的脱水の問題は、排尿に伴いミネラルがさらに排泄されてしまう点です。そのため水分補給では汗と同じ濃さの食分濃度(0.1~0.2%)の水を飲む必要があります。


口喝に任せて水を大量摂取すると、血中ナトリウム濃度が低下し血液塩分濃度を一定(0.9%)に保つことができなくなります。この状態で運動を続けると運動能力が下がり、体温が上昇、熱けいれんなどの暑熱障害を引き起こしすことになります。







#矯正 #骨盤矯正 #産後 #産後骨盤矯正 #マタニティ #整体 #マッサージ #小顔 #パーソナル #パーソナルトレーニング #リンパ #リンパマッサージ #ボディケア #ヘッドマッサージ #ヘッドスパ #痩身 #ダイエット #美尻 #美脚 #小顔矯正 #肩こり #腰痛 #エステ #リラク #肩甲骨 #交通事故治療 #フェイシャル 

#茅ヶ崎 #辻堂 #藤沢 #平塚 #湘南 #美容

閲覧数:1回0件のコメント