腱鞘炎、手の使い過ぎによる疾患(湘南・平塚の接骨院)


手を使い過ぎることによって起こる疾患は様々あります。


テニス肘(外側上顆炎)

野球肘(内側上顆炎)

バネ指

ドケルバン病

へバーデン結節(指の関節の変形)などなど


使い過ぎにより起こるので、休ませる事が1番早く治す方法なのですが、

そもそも日常的によく使う部位だからこそ痛めているので、

休ませる事が非常に難しいです。


治療にはテーピング等でなるべく負荷がかからないようにすることや 普段使いすぎている筋肉を緩めるマッサージやストレッチが効果的です。 手の痛みでお悩みの方は是非ご相談ください!



#湘南#平塚#接骨院#整体#手の痛み#ばね指#ドケルバン病#テニス肘#野球肘#骨盤矯正#ストレッチ#マッサージ

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示